ミナミデア

趣味ブロガーのライフログ&アイデア

ペンスタンドになる筆箱『ネオクリッツフラット』の使用感

ペンスタンドになる筆箱『ネオクリッツフラット』の使用感

息子いわく「学校で友達が多く使ってる」という学生にも人気のペンスタンドにもなる筆箱『ネオクリッツフラット』の便利な点や使用感をご紹介します。

普段は薄型なので場所を取らない

薄型形状

このネオクリッツフラットですが、持ち運び時には非常に薄型なので小学生や中学生の多くの教科書と一緒に入れても大丈夫です。

因みに公式発表では厚みが20mmでペンを最大で15本まで入れられるそうです。

授業中・家では開いてペン立てに

ペン立て

学校の授業中や自宅ではファスナーを全開して上部を折りたためばペン立てに変わります。小さなカッターや定規・ハサミ等も一緒に入れても使い勝手がいいです。

私はシャーペン・鉛筆はほぼ使わないので消しゴムは入れてませんが、手前に消しゴム用のポケットもあります。

さらに小さなポケットが2つ

ペン立て内ポケット

ペン立て内に小さな内ポケットが2つあり、ポストイット・小さなメモや付箋などを入れておけば必要な事も多いので別で持ち歩く必要もなく便利です。

まとめ-使用感

普通に優秀! 便利なペンケースだと思います。学生は勿論ですが、仕事のシーンでも普通の硬いペンケースよりも場所を取りませんし、そもそも使わない時は閉めて薄くすれば本と一緒に立てることも出来ます。しかも20mm!

機能性の高いペンケースをお探しの方はKOKUYOの『ネオクリッツフラット』おすすめです。

ネオクリッツフラットネオクリッツフラット
コクヨ(KOKUYO)
105mm×20mm×195mm
Amazon 詳細ページ
普通に近くの文具店等で販売されてます。
スポンサードリンク

About The Author

味浪 照
香川県から様々な情報配信を行っています。
ミナミデアでは自分の体験・考えを記事にしています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください