ミナミデア

趣味ブロガーのライフログ&アイデア

Mac超初心者向け!iTunesへのCDの取り込みについてのまとめ

itunes CD取り込み

手持ちのCDをどうしてますか?昔購入したものが結構あって大掃除の度に捨てられなくて置き場に困ったりします。昔みたいにコンポなんてないですからね(笑)

そこでCDをデータとして取り込んで段捨離できるようにMac初心者向けにiTunesを使った方法をまとめておきます。

CDの取り込みは違法?合法?

まずCDの取り込みは違法になるのか合法になるのかという点ですが、DVDと違って私的利用であれば合法です。ただ気をつける点も勿論あって

  • 音楽データを他人に譲渡・WEBでの公開
  • 別のCDに焼いて譲渡
  • CCCDのリッピング

これらは違法にあたるので注意しましょう。まぁ手持ちのCDだろうがレンタルCDだろうがiTunesで取り込んでiPhoneで聞くのは問題ないということですね。

CDのリッピングの合法に関してはこちらの記事が読みやすいです。

iTunesでCDを取り込む方法

まず用意するものとしてMacBookAir等のラップトップにはCDやDVDを入れる場所すらないのでDVDドライブを購入する必要があります。

なんだかめちゃくちゃ高くなってますね。私が購入した時は6000円程度だったような。

ではSuper DriveをUSBに繋いでCDを挿入します。

CD挿入

入れたCDに複数の候補があった場合はこのように選択画面が表示されるので正しい方を選択します。

選択

iTunesのライブラリへの読み込みを聞かれるので『はい』を選択します。ここでいいえを選択した場合はCDを聞くだけになります。

itunes CD ライブラリ

読み込みが完了したらタイトル右の取り出しアイコンをクリックするとSuper DriveからCDが出てきます。四方込みの状況は曲名右に緑のチェックが入っていくのでわかります。

アルバムアートワーク

最後にアルバムアートワークですがiTunesStoreにデータがあるものなら『ファイル』→『ライブラリ』→『アルバムアートワークを入手』で表示されますが、当然CDを読み込んでいるので出てこないものもあります。

どうしても表示させたい方はこちらのページで詳しく解説されています。

まとめ

まぁ基本的にはCDを挿入するだけでほぼ自動で読み込んでくれます。読み込んだらiPhoneを繋いで曲を選択するかアルバム・歌手等で選択すれば同期されいつでも聞けるようになります。

因みにこの音楽データはバックアップをとっておくことでCDを断捨離出来ちゃいますね。

捨てるのは勿体無いので近くの中古買取りショップに持っていくかWEBから買い取ってもらいましょう。

スポンサードリンク

この記事の投稿者

味浪 照
ミナミデアはMac・iPhone・iPadの関する情報の他、普段の生活では全く必要がない情報でも、知っておくと後々便利な生活や仕事の効率化といった私の経験・調査をまとめたブログです。
また旅行・ゲーム・写真等趣味の情報も増やしていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください