ミナミデア

趣味ブロガーのライフログ&アイデア

古いiPhoneを子供に渡す際のiCloud設定

icloud同期オフの方法

iPhoneを買い替えた際に古いiPhoneは自宅でiPod化している方が多いと思います。

私の家庭では息子が二人いるので子供が使うことになるのですが、まだ親が管理したいと言うことで、アカウントは変えずに大事なデータは使えないように設定する方法をご紹介します。

旧機種を子供に渡すことでの危惧

子供に渡したiPhoneは、新機種が届くまで使ってたわけですから多くのデータが入っています。
カレンダースケジュールやリマインダー・メモといった仕事で活用しているものもあれば、連絡先や写真といったプライベートなものもあるでしょう。

いくら家族とはいえ、それらの情報が見えちゃうのはどうでしょうか?
また仕事のメモなど子供が触って消されちゃうのも困ります。

そこで2つのパターンがあるのですが、1つはアカウントを息子に作らせて初期化して完全に自分のiPhone(iPod)としてしまう方法
しかし私の息子は小学6年と中学2年でまだ少しは管理をしておきたいという事で、もう一つの方法であるアカウントは私のままで大事なデータは削除してしまいます。

iCloud同期を切ってデータ削除

iCloud設定

設定アプリ→一番上の名前のところ
iCloud→iCloudを使用しているAPPをOFFにしていく

メール・連絡先・カレンダー・リマインダー・メモ・Safari・Wallet・キーチェーン等をOFFにしました。

ちなみにカレンダーをOFFにしてみると

データ削除

iPhoneに現在入っているデータを削除するかどうか聞かれるので、削除を選びます。もちろんiCloud内のものは消えずに、このiPhoneの中からのみ消えます。

ちなみにログイン情報などがまとめられている”キーチェーン”は同期OFF必須かと思います。

まとめ

iPhoneには大事なデータが多く入っています。
そしてスマホは非常に楽しめる便利な端末なので、子供たちが欲しがるのも無理はありません。

ただ古くなったと言ってもデータは変わらず参照できるので、子供にわたす際には必ずiCloudの同期は切っておきましょう。

スポンサードリンク

About The Author

味浪 照
香川県から様々な情報配信を行っています。
ミナミデアでは自分の体験・考えを記事にしています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください