ミナミデア

フリーランスのライフログ&アイデア

アプリ

iTunes 12.7にアップデートしたらAppStoreがなくなってた

Itunes12.7

何も考えずに通知が来てたiTunesのアップデートを実行したところ、iTunes 12.7では結構な変更がありiTunes内のiOS用アプリ管理が出来なくなってました。

App Storeが消える

ポップアップ

iTunes 12.7アップデート後にiTunesを起動させると上のスクショのような通知が出ます。

iTunesがアップデートされ、ミュージック、ムービー、テレビ番組、Podcast、およびオーディオブックに重点を置いています。

下に説明書きがありますが、要は「今後のiOS用のアプリ・着信音の管理はiOSの新しいAppStore等のiPhone/iPadから行ってね。」という感じでしょうか。しかも新しいAppstoreはおそらくiOS11のAppStoreでありまだリリースされてないんですよね。

メニュー

確かにこれまであった『AppStore』はiTunesにはなくなりました。とは言えこれまでもiTunesで逐一ダウンロードし管理してたかと言えばそうでもないので、まぁ問題ないかと思ってます。
因みにiPhone等のバックアップはこれまでどおり取れるようです。

しかしアプリファイルはMac内に残ってる

今回のiTunesにAppStoreがなくなった事でiOS用の数々のアプリデータがMacから消えたとなると、Macの残りストレージが増えちゃった?とちょっと嬉しく思ったのですが、なんとちゃっかり残ってました。

iOSアプリファイル

ファイルの場所:iTunes/iTunes Music/Mobile Applications

FinderでiTunesと検索しフォルダ内のiTunes MusicそしてMobile Applicationsと進めば大量のiOSアプリファイルが残ってました。

iOSデータ

Macで管理しなくなるのなら消しちゃってもいいんでしょうか?これまで使わなくなったアプリはどんどんiTunesから「フォルダに残さない」で消してたのでおそらく問題ないんでしょうが、ちょっぴり不安。

取り敢えず消しても問題ないか調べてみると16GBも空き容量が増えた!Macに保存されているiPhone/iPadアプリの不要なバックアップの削除方法を参考にすれば、取り敢えず不要なアプリは削除してもOKのようですね。バリバリに使ってるものは一旦保留がいいかも。

今後iOS11のリリースや新MacOSで対応も見えてくる気がします。

まとめ

あまりいないとは思いますが、取り敢えずiTunesでのAppStoreがなくなると困るという方はiTunesのアップデートは一旦見合わせたほうがいいかもしれませんね。

追記:ipaや着信音の管理はこちらの記事『 「iTunes v12.7」でMacに保存された”ipa”や着信音をiOSデバイスへインストールする方法。』が参考になります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top