ミナミデア

趣味ブロガーのライフログ&アイデア

【AppleArcade】Pilgrimsをプレイしてみた

Pilgrims レビュー

AppleArcadeの『Pilgrims』をプレイしてみました。日本語に訳すと巡礼者?なのかな。まぁよくわかりませんが感想なんかをまとめてみます。

Pilgrimsはどんなゲーム?

まだ序盤を少しプレイしただけなんですが、とにかく謎?というのも文字はなく、音声は何を言ってるのかわからない、ヒントになるのは会話の吹き出しの絵のみ

文字のない世界で先を進めて行くことになります。

Pilgrims カードをドロップ

上の絵に下のカードをドロップすることで物語は始まります。

Pilgrims マップ

最初にいけるのはこの辺りだけ、というのも一人道を通せんぼしている方がいます。

Pilgrims

この男、芋を煮込んだものが食べたいみたい。ただ銃で脅してくる素振りを見せるので、芋を渡さないと先に進めません。
因みに下のカードを見て欲しいのですが、芋と鍋は持ってますね。
Map上をタップすることで、そこに移動ができます。
そこにはアイテムが落ちているのをタップして拾ったり、何かを使うことで何かを得たりすることが出来ます。

鍋と芋を拾っているので早速芋を炊かなくてはいけません。となると目指すは火がある場所ですね。上記のMAPに焚き火が表示されているので、そこへ向かいます。

Pilgrims 芋

鍋と芋だけでは実は足りなくて、芋を炊くには『水』が必要なんですね。
なんだか面白い。

Pilgrims 道が通れる

出来た芋を渡すと

Pilgrims MAP開放

道が通れるようになりました。
この様に拾ったアイテムやアイテムを使って得たアイテムを駆使して、出会った人の希望を叶えてゲームは進みます。

Pilgrimsをやった感想

全くセリフもない。というか何を言ってるのかわかりません。
しかしそこが面白い!
やってみるとそこそこ頭を使うゲームですし、進めていくとこの世界観にも慣れてきてどんどん面白くなってきます。

休みの日なんかにまったりと楽しめるゲームだと思います。
大人の絵本感覚で楽しむのがいいかもしれません。(もちろん子供も楽しめます。)

Pilgrims
カテゴリ: ゲーム
価格: AppleArcade

APP STORE
スポンサードリンク

この記事の投稿者

味浪 照
ミナミデアはMac・iPhone・iPadの関する情報の他、普段の生活では全く必要がない情報でも、知っておくと後々便利な生活や仕事の効率化といった私の経験・調査をまとめたブログです。
また旅行・ゲーム・写真等趣味の情報も増やしていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください