ミナミデア

趣味ブロガーのライフログ&アイデア

gloとプルームテックの私の感想

電子タバコ

約半年前に”glo”そして二月前から”プルームテック”に変更しました。
アイコスは使った事がないので、普通のタバコからglo、そしてプルームテックへと変えていった時に感じたこと等を簡単に比較をしつつまとめてみます。

もともと超ヘビースモーカーな私

幾度かの禁煙失敗を経て、なおヘビースモーカーな私。大体紙巻きタバコを1日30本程度吸っていました。

飲みに行った日には更に増え、次の日の朝には深呼吸が苦しいくらい。とはいえ勿論吸えない場所では吸いませんし、最低限のマナーは守ってました。ただ今年の春頃にはアイコス品切れ状態、そして新勢力のglo登場そろそろ加熱式に変えてみようかと思いgloに変えることに。

『glo』を選んだ理由と使い心地

glo

<公式ウェブサイト> glo / グロー - すべてを一台に。ワンタッチで楽しもう -

glo/グロー

<公式ウェブサイト> glo / グロー – すべてを一台に。ワンタッチで楽しもう –

まずgloを選んだ理由としては、手入れの簡単さにあります。あと友人はiQOSが多いのですが、バッテリーの充電で連続吸いが出来ないのを聞いていましたし、手入れも大変そう。

しかしgloを購入し使ってみた感想は

  • 匂いが気になる
  • 吸い殻ゴミが大きい
  • そもそも本体がでかい
  • 本体にうまく刺さらない
  • 連続吸いは可能
  • 本数は一日40本くらいに

連続吸いは出来るといっても待ち時間は当然ありますが、気になるほどではないです。上記で非常に気になるのは3つの項目で

まず匂いが気になるというのは、gloを熱している時の匂いというか、よくポップコーンなんてブログで書かれてますが、私は米のコイン精米の匂いだと思ってます。ちなみにアイコスも同じような匂いがします。

次に20本入のgloのタバコは細長いので、購入してすぐ若干よれているものも、それをglo本体に挿す時にうまく刺さらない事も。そして灰になるわけではないので、そのままの大きさで吸い殻ゴミになります。
この吸い殻ゴミが非常に邪魔。
普通のタバコから変えた時の軽いタバコを吸った感はすぐに慣れますが、上記が結構毎日になると気になります。

そこで思い切って2月程前にプルームテックを購入してみました。

プルームテックの使い心地

プルームテック

[Ploom TECH(プルーム・テック)公式サイト

Ploom TECH

Ploom TECH(プルーム・テック)公式サイト

プルームテックはタバコ葉の入ったフィルターを蒸気を通して吸う感じです。
まぁ最初は物足りませんが、2日もすれば慣れます。
そして約2ヶ月プルームテックのみを吸っているのですが、今では2〜3日で1箱購入する程度になりました。

プルームテックを使って気になる事を箇条書きにすると

  • gloに比べて物足りなさはある
  • 吸い殻ゴミが少ない(アトマイザーは燃えないゴミ)
  • 匂いは殆ど無い
  • 連続吸いどころか吸い続けられる(笑)
  • ヘビースモーカーは1本では足りない
  • 初期投資でコストを抑えることが出来る

物足りなさは慣れますし、ゴミも少ない(ただしアトマイザーは金属製?燃えないゴミの分別が必要)、周りへの匂いも殆どありません。

しかし、吸い続けられるので一人で車を運転している時なんかに結構吸っちゃうのでバッテリーが1本では足りないです。(バッテリーのみ正規品1500円)

ぶっちゃけタバコとはまた違うものを吸っているような感覚で、それこそ前述したように車で一人で長時間運転でもしない限り、家でも吸う回数は減ってきています。

さいごに

まぁどちらもタバコなので、周りからは煙たがられますし肩身が狭いですよね。しかも10月からは増税。この機会にやめられる方はタバコだけに「スパッ」とやめちゃうのが得策です。

私は今後暫くはプルームテックを愛用しようと思ってます。一気に購入量も減りましたしね。ちなみにトータルコストを考えて私が購入した初期投資に関してはまた記事したいと思います。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください