ミナミデア

趣味ブロガーのライフログ&アイデア

旅行

Youtubeで見るバリ島サヌール周辺ゆったり旅

Youtubeで見るバリ島サヌール周辺ゆったり旅

私の妻はインドネシア人なんですが、ジャワ島の為ほとんどバリには行ったことがありません。長男が10ヶ月の時に行ったのが最後なので約12年前になります。

今回はバリ島のゆったりスポットであるサヌール周辺のツアーで観光した施設等を中心に思い出しながらまとめてみたいと思います。

サヌールのビーチ

サヌールのビーチ

ホテルの裏手側には直ぐにビーチが広がってて、他の地区に比べ波はすごく穏やかでした。私が滞在した時には船が多く出ていてビーチで泳いでいる観光客は殆どいなかったですね。と言うのもホテルのプールの敷地が凄く広く利用者は皆プールを使ってました。

ツアーの自由時間を使ってオプションでルアーフィッシングに出かける方も多いからかもしれません。

寺院めぐり

寺院巡り

バリのサヌール周辺のツアーを選ぶ時はおそらく寺院巡りが2つくらいついてくると思います。滞在中に私がいった寺院の2つをご紹介します。

タマン アユン寺院

バリ島の人気寺院の一つ『タマン アユン寺院』は凄く広く綺麗だったような覚えがあります。ただ塀の外をぐる〜っと回って終わりだったかな? また絵葉書等の売り子の方が結構多かったです。

参考:Trip Advisor

タナロット寺院

海に上にあるタナロット寺院はパワースポットとして有名だとか、車から結構あるくのとその道中は現地の絵葉書売りが常に近づいてきます。

ニシキヘビを首に巻いて写真を撮るサービスもこの時ありました。(私の友人がやった)
価格は日本円で500円/1人ぐらいだったとおもいます。

夕日に映るタナロットは素晴らしく綺麗なようですが、私が行った時も夕日の時間ではなく子供をずっと抱いてたので疲れて道中にあったお店でジュースを買って休憩してました。

参考:Trip Advisor

バリ舞踊 ケチャ・ダンス

到着した翌日の夜はケチャ・ダンスを見に行きました。場所はハッキリと覚えていませんが建物内だったように思います。人の声だけなんですが力強くストーリーもあるようなんですが意味はさっぱりという感じ。

因みに妻がこの時に刺された蚊の跡が暫くとれなかったので、蚊よけのスプレー持参の方がいいでしょう。

お土産はバティックや銀細工

お土産はバティックや銀細工

ツアーに買い物をする場所として、中規模モールにも行くのですがバリと言えばのバティック・銀細工の工場にも行きました。目の前で織られているところを撮影させて頂きました。

どちらもインドネシアにしては結構高額だったのですが、銀細工工場では私の友人が値段交渉で半額以下までまけてもらってました。こういった工場の適正価格はわかりませんが、ホテル周辺やタナロット寺院の道中なんかで売っているTシャツは半額以下で全然購入できるというか、最初はお高い値段で言われるので交渉はしましょう。

ホテルの居心地が最高

ホテルの居心地が最高

私は息子が10ヶ月だったので自由時間はほぼホテルのロビーでゴロゴロしたり、従業員と雑談をしたりしてました。友人たちは船でのフィッシングやマッサージ・エステに出かけてましたが凄く楽しかったようです。

ホテルのプール

因みに泊まっていたホテルは『バリ・ハイアット』だったと記憶しています。とにかくプールも広く敷地内の探検が出来るくらいで子供を手で持って水につけたりしていました。まだ這うのもままならない時期だったので思いっきり遊ぶという訳にはいきませんでしたがゆったりした時間で最高にくつろげました。

サヌールで遊ぶなら

サヌールは街も静かでどちらかと言うとファミリーや高齢者向きだとおもいます。その分静かにゆっくりとロビーやプールで癒やしの旅を楽しむような場所ですね。

逆にガンガン遊びたいという若い方はクタ周辺等のツアーの方が目一杯遊んで疲れて帰るというような旅が楽しめると思います。

このように訪れる地域で旅の過ごし方がかなり変わるのも面白いですね。ホテル・街のあちこち・観光地でも意外と日本語が通じたりするのも外国語が苦手な方にもバリは向いていると思います。(空港の入国管理局でも日本語で対応してくれた)

サヌールは日本人の長期滞在でも人気の地区だそうです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top